+

>B2Bマッチング 発注情報


     

◎パスワードが必要です、問合せは:コンサルティング事業部:神力まで,,発注情報の詳細はタイトルの赤字をクリックしてください logo

■□■□_________________________________■□■□

07.29 CCK発注情報 

 

cck02200よく噛める食品の開発パートナー探索 〆切9月22日
顧客の咀嚼する機能の衰えを予防したい,そこで、物を噛む力を鍛えることが可能なよく噛める食品を製品に加えたい,そこで、上記機能を有する食品の開発もしくは提供が可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>>
顧客の噛む力や口の周りの筋肉を鍛えられる食品の開発もしくは提供,<求める製品の概要:>対象顧客:健常者を想定,対象食品:分野を問わない,求める機能: 下記機能をすべて満たせることが理想的である,一口で口に入れられること,5分間リズミカルに噛めること,※1口食べたあと、2口目を追加せずに単体で5分間噛み続けられることが理想,咀嚼後に飲み込めること,具体例:グミや乾物などを想定,製品コスト:問わない,販売数量:面談後、要相談,パートナーに求める条件,必須条件,当社ブランドによる販売を許可いただけること

 

 

cck02207口の周りの美容ケアが可能な製品の探索 〆切9月22日
口のまわりの美容ケアができる製品を上市したい,そのため、当該製品の開発を委託可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>>
下記の1もしくは2にご対応いただきたい
 1. 口の周りの美容効果がある化粧品などの剤の開発および提供
 2. 口の周りの美容効果がある機器の開発および提供
<求める美容効果の概要:>適用部位:口の周りの肌、唇の表皮から真皮にかけて,美容効果:例えば、下記のような効果を想定,肌:ハリ、ツヤの向上、シワ、ほうれい線が少なくなること,唇:縦ジワが少なくなること、厚みが増すこと、潤いが増すこと、血色が増すこと,<求める化粧品の概要:>剤型:問わない,安全性:口に入った場合や皮膚への安全性を保障できること,美容効果:真皮へ浸透しやすいなど、一般的な化粧品と比較して有

 

 

cck02202口の周りや舌の筋肉のトレーニングが可能な器具の探索 〆切9月22日
口の周りや舌の筋肉のトレーニングが可能な器具を探索する 顧客の咀嚼する機能の衰えを予防したい,そのためには、物を噛む筋肉や舌を動かす筋肉、唇を閉じる筋肉を鍛えることが必要だが、これらに寄与する製品を保有していない点に課題がある,そこで、上記機能を有する器具を提供可能なパートナーを探索することにした.
<<依頼事項>> 物を噛む筋肉や舌を動かす筋肉、唇を閉じる筋肉を鍛えることができる器具の提供または開発委託,求める<製品の概要>: 対象顧客:要介護ではない高齢者や子供などを想定,機能:下記の3種類のいずれかの機能を有すること, 噛む力を鍛える機能
舌を動かす力を鍛える機能
唇を閉じる力を鍛える機能
具体例: 電気刺激を利用して行うトレーニング機器
電気を使わずに、噛むことや舌を動かすことで筋肉を鍛える器具
使用環境:日常生活環境

 

 

cck02206エンジンオイルミスト捕集用の不織布の試作先探索 〆切9月9日
エンジン部品に用いるオイルミスト捕集用不織布を開発したい,そのためには、耐熱性・耐油性の高い素材を指定の目付で試作することに課題がある,そこで、当該試作が可能なパートナーを探索することにした,
<<依頼事項>>
エンジンオイルミスト捕集用の不織布の試作
目標とする製品:エンジンオイルミスト捕集用の不織布
スペック/機能の概要:
サイズ: 25×25×6.5mm程度(厚みは捕集性能に応じて変更可能),素材:PA9TもしくはPPS(同等の耐熱性・耐油性がある材料が他にあればご提案いただいても構わない),※素材はパートナー企業様にて調達いただきたい,目付/密度:目安としては280g/m2程度 繊維径:現行品では10デシテックス,加工方法:問わない(現取引先ではニードルパンチ工法)使用環境:エンジン内でブローバイガスからオイルミストを捕集する用に用いる 使用温度:-30℃~150℃

 

 

cck02199産業用の画像取得装置の評価委託先の探索 〆切9月2日
開発の産業用の画像取得装置の製品化段階における評価支援委託先を探索する、溶接現場で使用する産業用の画像取得装置を上市したい,そのためには、現場環境を想定した機能・性能評価についての評価方法立案に関するノウハウの不足、評価実施のマンパワーの不足に課題がある,そこで、評価試験について相談可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>>
開発した産業用の画像取得装置の評価方法の立案および実施 <産業用の画像取得装置の概要:>使用環境:屋内の溶接現場にて使用,サイズ:600×500×300mm程度,機能:カメラデバイスにより撮影した画像を内部の記憶媒体に保存する,制御方法:Linuxの組込みソフトウェアにより制御,構成部品:カメラモジュール、記憶媒体、GPUなど,求める評価項目: 主に下記の3種を想定,組み込みソフトウェアの動作も含んだ機能・性能試験,耐環境性試験(機器の輸送時の振動や、溶接環境における耐熱性などを想定)※当社にて溶接環境を保有しているため、現場で生じる具体的な熱条件や振動条件を提示は可能,EMC試験

 

 

cck02195微多孔質膜の試作パートナー探索 〆切9月2日
新規開発した樹脂素材を用いて微多孔膜を試作したい,ラボスケールでは本素材が微多孔膜化できることはわかっている,今後、顧客への提案に向けて、試作スケールを大きくすることに課題がある,そこで、微多孔膜化した試作品を作成可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>>
当社開発材料の微多孔膜の試作,目標とする製品:微多孔質膜,<スペック/機能の概要:>
素材:結晶性シクロオレフィンポリマー,性質:熱可塑性,融点:263℃,形状:ペレット,サイズ:10×10cm角~A4サイズ程度、厚みは問わない,孔径:1μm以下程度(10nm以下で加工可能だと望ましい),強度:ハンドリング性が良く、著しく脆くないこと,試作品では、延伸法(あらかじめ結晶化させたフィルムを延伸する方法)や可塑剤抽出法により微多孔膜化を実施(数cm角程度),加工コスト:面談後に要相談,試作依頼数量:初期は10×10cm角~A4サイズを数枚程度、それ以降は面談後、要相談

 

■□■□_________________________________■□■□

07.25 CCK発注情報 

 

cck02194電池用材料の微粒子化が可能な技術の探索 〆切9月2日
当社は、電池用材料の微粒子化を実現したい そのためには、比較的ヤング率の低い材料を1μm程度に微粒子化することに課題がある そこで、微粒子化が可能な技術の提供もしくは共同開発が可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>>
下記のいずれかに対応いただきたい
1. 当社提供材料の微粒子化の加工委託
2. 微粒子化可能な加工技術および装置の共同開発または提供
<原材料のスペック:>素材:ガラスセラミック,加工前の平均粒径:数十μmオーダー ヤング率:20GPa程度,密度:2.0g/cc程度.耐熱温度:250℃以下,禁水性:露点温度-50℃以下での取り扱いが必須,※当社内で上記加工環境を整備することは可能なため、装置のデモ試験は協力できる,加工条件:加工後の目標粒径:1μm(D50)

 

 

cck02191全粒穀物の発芽処理の委託先を探索する 〆切8月26日
発芽させた全粒穀物を用いた製品を上市したい,そのためには、全粒穀物の発芽と乾燥化が可能な量産設備を保有していない点に課題がある,、当該加工を委託可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>>
少なくとも1に対応いただきたい。2,3にも対応いただけると望ましい
 1. 全粒穀物の発芽処理
 2. 1.の乾燥処理
 3. 2.の製粉処理
加工対象物:全粒穀物(グルテンフリー素材),※特にアレルギー物質は含まない <発芽処理の概要:>
全粒穀物を12時間程度水に浸漬する ※全粒穀物は当社より提供,水切り後、室温にて15時間程度保持して発芽させる,<乾燥処理の概要:>発芽させた全粒穀物を乾燥させる,70~80℃程度の熱風乾燥が可能であると望ましい,<製粉処理の概要:>乾燥後の発芽全粒穀物を破砕して製粉する,粒度を200μm以下程度に管理できると望ましい

 

 

cck02193山岳トンネル工事中に利用できる坑内変位の計測技術の探索 〆切9月2日
トンネル内における掘削中の坑内変位計測を省力化したい,現行はトータルステーションによる計測を行っているが、発破による飛び石などにより機器が破損することで再設置・再校正が必要な点に課題がある,三脚を用いたトータルステーションでの計測の場合、掘削中の狭隘なトンネル坑内では重機・車両との接触が起る可能性があるため、計測担当者にとって危険な作業である。重機・車両の動きが少ない作業時間帯を狙って計測を行うことが一般的ではあるが、それにより、計測担当者に時間的制約が発生している,また、坑内側壁に設置した常設のトータルステーションを用いた自動計測の場合、縦断的に細長いトンネル形状では、5~20m間隔で設置したプリズムを前後誤認してしまい、正常な計測ができないことがある,そこで、上記課題を解決しうる技術の提供が可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>>
トンネル内における新たな変位計測方法の開発委託,<求める技術:トンネル変位計測システム><スペック/機能の概要:>
<変位計測機能:>トンネル内の内壁(吹付コンクリート面)に対して、1断面当たり上半3点、下半2点の変位を計測,各点の点間距離と沈下量を計算可能なこと,計測精度:±1mm単位,耐久性:切羽での発破による飛び石や坑内重機の接触により破損しにくい構造が望ましい

 

■□■□_________________________________■□■□

07.08 CCK発注情報 

 

cck02186産業機械のCO2排出量の削減が可能な技術の探索 〆切8月05日
生産工場におけるCO2排出量の削減を実現したい,そのためには、導入台数の多い多関節ロボットやAGVなどにおける省エネルギーやエネルギー創成に課題がある,当該技術を保有するパートナーを探しています
<<依頼事項>>
当社の産業機械に導入可能な、CO2排出量削減に資する技術の提供,導入対象とする設備
<・工程の概要:>設備:多関節ロボット、AGVなどのFA機器,工程:製品搬送(製品重量:10~100kg)、部品組付け、検査、ボルト締付、液状ガスケット(FIPG)塗布、部品反転、部品搬送など,設備規模・サイズ:多関節ロボット:最大領域905mm、最大可搬重量7kg,AGV:L700×W500×H380mm程度の無軌道型が主※具体的なロボットメーカーは面談後に開示

 

 

cck02185CPUボードの設計および量産委託先の探索 〆切7月29日
製造中の製品に組み込んでいるCPUボードを安定的に調達したい,そこで、現行品と類似のCPUボードの設計および生産を委託可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>> 下記のすべてに対応いただけることが望ましいが、1つのみの対応でも可
1. 当社要求仕様に合わせたCPUボードの設計
2. 部品の調達
3. CPUボードの量産製造(量産製造に必要な冶具・検査機器など付帯設備の手配も含む)
<求める製品:CPUボード><スペック/機能の概要:>
現行品:SH-4(ルネサスエレクトロニクス株式会社)を使用。これと同等の仕様のものを量産いただきたい,サイズ:140mm×90 mm または245 mm×149 mm (2種類の内、どちらかで検討),構成部品:以下のペリフェラルを搭載,SDRAM、SRAM、FlashROM、RTC、PIO、SIO、CAN IF、Ethernet IF 、CFカード、LCD用IF、タッチパネルIF、音声コーディック回路等(SRAM、RTCはスーパーキャパにてバックアップ)、CPU周辺コントールのため、FPGA使用

 

■□■□_________________________________■□■□

06.27 CCK発注情報 

 

cck02181シス構造の割合の高い乳化重合技術の共同開発パートナー探索 〆切7月22日
ポリイソプレンラテックス(IRラテックス)を製造したい,生産性の高い乳化重合によって、シス構造の割合の高いIRラテックスを合成することに課題がある,当該技術について共同開発可能なパートナーを探索する
<<依頼事項>>シス構造の割合の高いIRラテックスの乳化重合技術の共同開発
<目標とする技術:乳化重合技術,スペック/機能の概要:>
合成物:ポリイソプレンラテックス,合成方法:乳化重合,シス構造割合:従来技術以上(50%以上を目標とするが、割合に関しては要相談),生産数量:将来的には数十~数百トン/月オーダーに適用したい

 

 

cck02180当社材料を用いた回路基板の試作、量産パートナーの探索 〆切7月22日
回路基板の量産を実現したい,そのためには、加工プロセスの開発や加工技術に課題がある,そこで、回路基板の加工プロセスの開発や試作、量産が可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>>
以下1,2,3の全てにご対応いただけると望ましいが、いずれか1つでも可
 1. 回路基板の加工性課題の抽出と加工プロセスの開発
 2. 回路基板の試作
 3. 回路基板の初期量産(最大1000m2/月)
目標とする製品/技術:当社材料を用いた回路基板,<スペック/機能の概要:>
対象:フッ素系回路基板,回路図面:当社より支給,※回路設計技術をお持ちである企業もエントリーください,種類:低誘電基板,形状:CCL(銅張積層板),素材:フッ素樹脂、銅箔,※フッ素樹脂は当社より支給,サイズ:350mm×530mm程度,厚み:0.1mm~1mm,必要な設備:PCB(プリント回路基板)の加工ライン

 

 

cck02175状基材のアルカリエッチングが可能な加工パートナーの探索 〆切7月15日
板状基材へアルカリエッチングを施したい,そのためには、量産時のサイズに対応可能な処理設備を保有していない点や製造コストに課題がある,そこで、板状基材へのアルカリエッチングが可能な加工パートナーを探索することにした <<依頼事項>> 板状基材へのアルカリエッチングの試作および量産,<求める技術:板状基材へのアルカリエッチング技術>
ワークの概要:※当社より提供予定,板状基材の素材:芯材:多孔質ニッケル板,表面:ニッケル+アルミを主成分とする合金コーティング有,板状基材のサイズ:試作時:□23~45cm,量産時:□45cm以上(応相談),板状基材厚み:1cm以下 <加工方法の概要>:Step1:~1M NaOHaq.に1時間程度浸漬(室温)Step2:14M NaOHaq.に1時間程度浸漬(室温)Step3:Step2の溶液を130℃に加温した状態で3時間以上浸漬 Step4:蒸留水洗浄したのち、ウェットな状態で梱包

 

■□■□_________________________________■□■□

06.17 CCK発注情報 

 

cck02178大型アルミ部品の量産パートナーの探索 〆切7月22日
当社製品に使用する大型アルミ部品を調達したい,そのためには、既存の取引先では加工精度や量産キャパシティなどに課題がある,そこで、当該加工が可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>> 大型アルミ部品の量産,目標とする製品:大型アルミ部品,<スペック/機能の概要:> 素材:AC4C材(熱処理:T6),サイズ:最大外形φ400mm×長手200mm,形状:内筒部と外筒部をリブでつないだホイールのような形状,重量:11~15kg,最小公差:外筒部の内径φ300mmに対してH7,外観:外観部品のため、バフ処理を実施いただきたい,図面:面談以降に開示,加工方法:鋳造+切削加工を想定

 

 

cck02179大型アルミ鋳造部品の切削加工パートナーの探索 〆切7月22日
協力先で加工したアルミ鋳造部品を後加工したい,輸送コストを低減するため、協力先の近隣で加工を実施したいが適切な取引先がいない点に課題がある,そこで、当該加工を委託可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>>
大型アルミ鋳造部品の切削加工,目標とする製品:大型アルミ部品,<スペック/機能の概要:>ワーク:ダイカスト成型部品(当社より提供),素材:ADC,サイズ:最大外形φ300mm×65mm,形状:内筒部と外筒部をリブでつないだホイールのような形状。リブは3次元的な形状,重量:~1㎏程度,最小公差:外径部φ300mmに対してh9,外観:加工時の傷などがないこと,製造コスト:面談後に要相談

 

 

cck02177急冷法によるNi-Al基合金の製造パートナーの探索 〆切7月22日
アトマイズ法やロール急冷法によるNi-Al基合金の製造が可能なパートナーを探索する,新製品に用いるNi-Al基合金の量産化を実現したい,量産設備を保有していない点に課題がある,量産を委託可能なパートナーを探索する
<<依頼事項>>
指定の製造方法によるNi-Al基合金の量産,求める製品:Ni-Al基合金
<スペック/機能の概要:>形状:粒子形状,粒径:問わない(150μm以下が望ましい) 素材:Ni-Al基合金(Al比率40-50wt%程度),※将来的に異種元素を10wt%程度添加する可能性がある,製造方法の概要:原料:粉末状もしくは塊状のニッケル、アルミなど ※パートナーにて調達を想定しているが、当社より提供も可,手法:アトマイズ法もしくはロール急冷法,出湯温度:当該合金を完全溶融させるため、1600℃以上を想定

 

 

cck02168メンテナンスフリーな軽量気泡コンクリート向け保護素材の探索 〆切7月22日
軽量気泡コンクリート(ALC)の表面保護素材の保守頻度を低減したい,既存の保護素材では、劣化により内部に浸水することで爆裂・剥落の恐れがあるため、5~10年毎の更新が必要である,保護素材の更新時には、足場を組んで施工する必要があるため、補修コストが高いことに課題がある,そこで、可能な限り更新頻度を低減できる耐久性の高い保護素材を探索することにした
<<依頼事項>>
長期耐久可能なALC向け保護素材の提供または開発,<求める製品:ALC向け保護素材> <スペック/機能の概要:>形態:塗料もしくは保護フィルム・シートを想定,保護素材の厚み:指定しない,耐用年数:約20年以上を目標,下記特性を有する材料を希望する,防水性:ALCに水がしみこまないこと,柔軟性:地震などの振動が起きた際に剥離や亀裂が起こらないこと,耐候性:紫外線や雨風にさらされる屋外で使用可能なこと(建物の外壁への施工を想定),耐火性:ALCの既存の保護剤と同等レベル,※既存の保護材としては弾性塗料(ウレタンやシリコン製塗料、膜厚0.2~0.4mm程度)を使用,臭気:施工時に著しい悪臭がないこと,

 

 

cck02172アルミダイカスト部品の外観検査技術の探索 〆切7月15日
アルミダイカスト部品の外見検査を効率化したい,そのためには、大量生産する部品のタクトタイムにあった自動検査に課題がある,、当該技術を保有するパートナーを探索する
<<依頼事項>>
アルミダイカスト部品の外観検査設備もしくは検査システムの提供,<求める技術>:3次元外観検査技術,<スペック/機能の概要>:検査対象:部品表面の剥離、膨れ、傷、汚れ、黒皮残り、鋳巣、打痕など,検査範囲:部品の全面(3次元検査を想定),検査精度:突起0.5mm以上、幅0.3mm以上の不良を検出できること,測定部位:3次元的に測定が必要,データ収集方法:測定データをサーバーなどに渡して後からログを確認・解析できること,検査速度:アルミダイカストマシンの成形速度35秒×2個取りに対応可能だと理想的だが、応相談

 

 

cck02169当社接着シートを用いたCMOSセンサの試作・評価が可能なパートナーを探索する 〆切7月8日
本シートは中空構造のため、通気性がある,そのため、本シートをカバーガラスの接着に用いた際、封止したパッケージ内部の内圧上昇やアウトガスの滞留を抑える効果が期待できる,しかしながら、自社単独では上記効果の検証が十分にできないことに課題がある そこで、接着シートを用いたCMOSセンサの試作および評価が可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>>
素材を利用したCMOSイメージセンサ中空パッケージの組み立ておよび評価,<当社接着シートの概要:>
用途:CMOSセンサパッケージのカバーガラス接着用途,サイズ・形状:パッケージの形状に合わせて当社にて加工したものを提供,接着・硬化方法:熱圧着120℃×0.6MPa,試作したいCMOSセンサの概要:一般的なCMOSイメージセンサ中空パッケージを想定 サイズ:問わない(10mm角程度を想定)用途:民生用・車載用問わない

 

 

cck02174アルミダイカスト材と異種金属の接合技術の探索 〆切7月15日
アルミダイカスト材と異種金属の接合技術を探索する,アルミ部品と異種金属部品を接合することで、部品の軽量性と強度を両立させたい,異種金属の接合技術を保有していない点に課題がある,当該技術に知見のあるパートナーを探索することにした
<<依頼事項>>アルミダイカスト部品と異種金属部品の接合部品の試作
<求める技術:異種金属の接合技術>目標とする部品の概要:
用途:エアコン用コンプレッサに用いる電動型スクロール式シェル・ロータ,形状:渦巻き状のリブが立った円筒形状部品,サイズ:φ100~φ120mm×高さ50~60mm,接合素材:アルミダイカスト材+異種金属,アルミダイカスト材は、現在はADC12材やSADC10材を使用,異種金属の素材は、用途に合わせて提案いただきたい。主に鉄系を想定,接合面の強度:抗折荷重4.2kN以上,想定する接合方法:問わない,部材の接合位置:要相談,使用環境:エアコン用コンプレッサ部品として使用,温度:-40~150℃,圧力:通常3.5MPa、瞬間10MPa接触する冷媒:R134aまたは1234yf

 

■□■□_________________________________■□■□

06.6 CCK発注情報 

 

cck02167熱収縮チューブのサプライヤー探索 〆切7月01日
ナイロンチューブに被覆する熱収縮チューブを安定的に入手したい,現在使用しているチューブは、放射線架橋により耐熱性を向上させている,同等の機能を有したチューブを供給可能なパートナーを探索することにした,
<<依頼事項>>
熱収縮チューブの提供,求める製品:熱収縮チューブ,<スペック/機能の概要>:
材料:PEBAX、もしくはPEBAXと融着するナイロン系材料など,太さ(熱収縮後):φ0.4~3.6mm,厚み(熱収縮後):40~100μm,収縮比率:~1/2,耐熱性:120~180℃×最大2分において、軟化することで著しく変形しないこと,樹脂硬度:40D、72Dのいずれか,使用環境:ナイロンチューブに被覆して生体下で利用

 

 

cck02158長物ローラの自動搬送が可能なAGVの開発パートナー探索 〆切6月24日
長物ローラの工程間搬送を自動化したい,そのためには、長尺かつ重量のある搬送物の自動搬送に課題がある,そこで、当該自動搬送機を開発可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>>
長物ローラの自動搬送機の開発および生産,<求める製品:自動搬送機,スペック/機能の概要>:
運搬機器のサイズ:W1200×L4600×H700 ※H700は床面からパレット積載面の高さ,可搬重量:1トン以上,走行性能:前後左右に走行可能なこと,機器に安全バンパーを設ける想定,バッテリー式,制御方法:制御盤により、複数台のAGVを総括制御可能なこと,制御台数:20台以上を想定,運搬物の概要:専用パレットに長物ローラを積載したものを運搬する想定,※パレットは当社より提供予定,重量:1トン(ワーク込み)サイズ:W1000×L4300×H500

 

 

cck02157重量物の自律運搬装置の開発・製造が可能なパートナーの探索 〆切6月24日
重量物の自律運搬装置の開発・製造が可能なパートナーを探索する,繊維機械の組立工場において、完成品・半完成品の機器を自動で運搬したい,そのためには、重量物の自動搬送が可能な運搬機器を保有していない点に課題がある,そこで、当該機器の開発もしくは提供が可能なパートナーを探索することにした
<<依頼事項>>
重量物の自動運搬が可能な機器の開発または提供,<求める製品:自動運搬機器>
<ペック/機能の概要>:運搬機器のサイズ:可能な限り小型であること,積載面のサイズ:機器四隅に接地面があるため、その部分を支えられるサイズ感,機器の床高さ:250mm以下,走行性能:0.3m/min~1.0m/min,自律走行性能:走行時に周囲のものとぶつからないこと,運搬時の耐震性能:著しい振動がないこと,登坂能力:水平方向の移動のみなので不問 運搬物の概要:重量:最大7トン,サイズ:幅1200mm×長さ3000~6000mm×高さ~2000mm ※サイズあくまで参考値、

 

以上

■□■□_________________________________■□■□

◆◇◆------------------------------------------------------◆◇◆
    ■発行  キャリア・コンサルタント協同組合
    ■住所  〒101-0052 
      東京都千代田区神田小川町1-8-3 小川町北ビル8階
    【編集】大野長壽 

  問合せ先:コンサルティング事業部 神力まで
logo          ◆◇◆------------------------------------------------------◆◇◆

プライバシーマーク(Pマーク)